本文へスキップ

TEL. 018-862-8583

〒010-0904 秋田市保戸野原の町7-75

学校紹介CONCEPT


              校 長  藤 井 慶 博

本校の使命

 本校は1972(昭和47)年に開校し、今年度50周年を迎えます。半世紀にわたり秋田大学の附属学校として、教育目標である児童生徒の「能力・個性の伸長と社会生活への参加」に向けた教育の充実はもとより、教育の理論と実践に関する実証的な研究と、教育実習の指導を通した教員養成といった使命に誠心誠意取り組んでいます。
 創立50年という大きな節目を迎え、これまでの歩みを振り返り、令和という新しい時代にマッチした新たな学校の創造に努めてまいります。

本校がめざす教育 

 本校の2022年度教育プラン(抜粋)を紹介いたします。このプランに則り、教育や研究、地域貢献等を推進しています。
 
 目標1 研究テーマである「生涯学習力」を高める授業実践と検証

○単元計画や学習評価を明確にした授業づくり
    ○積極的に社会資源を活用し、地域社会と連携した実践
    ○ICT を活用した生涯学習に係る教育活動の充実

 目標2 インクルーシブ教育体制と地域に開かれた教育活動の一層の推進
    ○附属幼・小・中学校における個別の支援体制や校内支援体制への助言等
    ○「よつば学習(交流及び共同学習を含む)」を通した障害理解の推進
    ○ミニ学校展やわかはとショップ(アンテナショップ等)等を通した地域展開と発信
 目標3 学校の魅力の発信と教育相談活動の充実による児童生徒定員の充足
     ○学校の特色を生かした児童生徒の指導・支援に関する実践の発信
     ○教育活動の紹介と連動した教育相談や広報活動及び他機関と連携した特別支援教育の推進
 目標4 大学との連携による新たな進路先の開拓と移行支援・卒後指導
    ○臨床心理、職業リハビリテーションの知見に基づく進路指導、保護者支援の充実
    ○大学との連携による「生涯学習講座」を通した卒業生指導
    ○大学内における実践的な職業教育の推進や卒業生の雇用条件等の充実
 目標5 業務内容の精選と整理や進捗状況の「見える化」による働き方改革
    ○業務計画と業務評価の一体化による進捗状況の把握と調整
    ○会議等の効率化や業務マネジメントの工夫
    ICTを活用した情報共有と校務処理の効率化

研究について

 

2019年度から「児童生徒の生涯学習力を高める」というテーマで研究を進めてきております。今年度は、生涯学習力を高める授業に関する実践研究を行います。
 その成果を、公開研究協議会(20221118日、19日)に公開いたします。なお、本公開研究協議会は日本教育大学協会全国特別支援教育部門合同研究集会と併せて開催することとしております。本校の研究成果のみならず全国から寄せられた質の高い研究発表がありますので、是非、ご参加くださいますようお願いいたします。日程や内容等詳細は本校ホームページにてご確認ください。

大学・地域との連携

 秋田大学手形キャンパスや学校近隣の商店街において「わかはとショップ」(作業学習製品の販売や喫茶コーナー)を定期的に開催しています。多くの方々に訪れていただき、貴重な交流の機会となっています。また、公共施設、事業所等でミニ学校展を開催し、地域の方々との交流の拠点にしています。
 卒業生を大学職員として採用していただくなど、生徒のキャリア形成の場としても連携を図っています。2022年4月1日現在、秋田大学中央図書館に1名、秋田大学教育文化学部事務室に1名、本校技能系スタッフとして2名の卒業生が働いています。

インクルーシブ教育の拠点

 本校は、附属幼稚園、附属小学校、附属中学校と同一敷地内に設置されています。インクルーシブな教育環境を最大限生かし、幼児児童生徒との交流及び共同学習を推進するとともに、小学校や中学校における障害理解授業の提供などを通して、共生社会の形成に向けて取り組んでいます(2017年度文部科学省委託「学校における交流及び共同学習を通じた障害者理解(心のバリアフリー)推進事業」を実施)。

 新型コロナウィルス対策

 児童生徒・教職員ともども感染症対策に万全を期しております。また、保護者・関係者の皆様からも多大なるご協力をいただいております。
 コロナ前から計画的に整備してきたインターネット環境やICT機器等を活用し、「コロナに負けない」「教育を止めない」学校を目指して教育活動に取り組んでいく所存です。

 

バナースペース

秋田大学教育文化学部附属特別支援学校

〒010-0904
秋田市保戸野原の町7-75

TEL 018-862-8583
FAX 018-862-8525
Email fuyo☆sh.akita-u.ac.jp
(☆を@に変えて送信してください)